スポンサーリンク
スポンサーリンク

いきなり恋人宣言をする

お付き合い開始
スポンサーリンク
スポンサーリンク

リサと対面してからスマホでメッセージをやりとりするようになったが、

 

彼女は相変わらずこちらの出方を探っているというか、なかなか自分をさらけ出さない感じがする。

 

前回

初顔合わせは、観察されまくり

ついに会いに行く

 

実は、初顔合わせのときに名前(フルネーム)を聞いたのだが、彼女は答えてくれなかったのだ。

 

まだまだ心を開いてくれていない証拠。

 

 

ただ、スマホメッセージだけでもやりとり出来るようになったことは大きな進歩。

 

100点満点とはいかずとも、及第点スレスレの評価はもらえたのではないだろうか。

 

 

ここは少々強引に攻めてみなければ、他の男に取られてしまうかもしれない

 

 

私

リサさんは私のことが気に入った→OK

 

私

私もリサさんのことが気に入った→OK

リサ
リサ

うんうん

私

じゃあ、これからは「恋人」として付き合って欲しい

 

リサ
リサ

あっはい

 

私

すこしずつ知っていきましょう、ということで。

 

 

今思えば、けっこう強引かつ、かなり恥ずかしい内容である。